若年者の初期虫歯|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

若年者の初期虫歯

投稿日:2018年8月3日

カテゴリ:未分類

若年者が夏休みも重なり沢山来院されます。

そうは言っても小学生と言うよりは高校生以上で20歳くらいまでの方です。

主訴はしみるという事が多いのですが、もちろん虫歯のケースも7ありますが生活習慣から来ている方も多く見受けられます。

夏なのでまたこの異常気象と相まって、冷たいものを欲する。

これは自然の摂理でまた健康上も必須ではあるのですが、その飲み物が悪い。

また飲み方が悪いのです。

確かにこの熱中症を予防するためにはただのお水をがぶがぶ飲むと、水分過多で血液のミネラル版の含有率が下がり、かえって熱中症をひどくします。

ですからポカリスエットや場合によってはOS-1などの補給水を飲むことはいいのですが、これらには多かれ少なかれ糖分が入っています。

従って過剰にまた間を置いて間欠的に飲むと虫歯の原因となるのです。

これを知らずに若年者と言う良くなる時も早いが、悪くなる時も早いという細胞分裂の異常なる速さの持ち主が飲むと、いっぺんにC0(初期虫歯)となるわけでひどい時は穴が開いてくるのです。

確かに体にいい飲み物とは言え、歯には良くない。

万物に絶対はないのでうまく利用することをお勧めします。

トップへ戻る