歯ブラシ指導(PART2)|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯ブラシ指導(PART2)

投稿日:2017年8月31日

カテゴリ:院長ブログ

昨日は歯ブラシ指導の件を書きましたので、その続きです。

私は基本的に「武器」はたくさん持たないで、という主義です。

どういうことかというと、口腔清掃器具には種々雑多なものがあります。

歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ、フロス、電動歯ブラシ、舌ブラシ、洗口液などなど。

これらの「武器」をたくさん持っていると気持ち的には安心かもしれませんが、結局その方に見合った器具は何であろうか、必要最低限の器具とは何種類でしょうか?

これらをお教えすることが「歯ブラシ指導」なのです。

歯ブラシ事情について昨日書きましたが、私はできれば2種類ぐらいの「武器」で勝負していただかないと長続きはしないのではないかと考えています。

そう考えますと、歯ブラシはどうしても外せませんがあと一つとなると…

う~ん、人によって違うかもしれませんね。

歯ブラシも手用と電動があります。

以前にも書きましたがそれらには各々利点欠点があり、どちらのほうがいいということはないと思います。

そうすると歯ブラシで磨けないところを清掃できる器具。

となるとやはり歯間ブラシかフロスでしょうね。

洗口液は出かける前の気休めとしてお使いいただくとして、歯ブラシの届かない箇所は歯間部を清掃する器具をご使用いただければと思います。

ただ歯間ブラシの場合はどれくらいの太さの物が適切かが難しいですし、フロスの場合は歯間部に通すのが、結構大変です。

それらの指導をお受けになりたいという方は、ぜひご来院ください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る