虫歯か知覚過敏か?|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

虫歯か知覚過敏か?

投稿日:2017年11月29日

カテゴリ:院長ブログ

虫歯と思うという事で来院されて知覚過敏である患者さんが多いです。

虫歯と知覚過敏の大きな違いは細菌感染の有無です。

ばい菌によって歯が溶けてきた状態を「虫歯」と呼び、力学的な要件で歯がしみることを「知覚過敏」と呼びます。

前者は説明の余地はないかと思いますが、歯と細菌と食物の混合体により酸が生じて歯を溶かして細菌叢で固められた虫歯が発現します。

一方知覚過敏は強く磨きすぎたり、噛む力が強くて噛みしめたり歯ぎしりをしたりすることにより歯の構造が一部捻じ曲げられて神経を圧迫して、神経の過敏状態を引き起こします。

従って虫歯は削り、知覚過敏は削ってはいけないという事です(削ると余計にしみてくる)

虫歯は冷たいものがしみて、温かい物がしみることもあり、時には進行すると噛むと痛くなったりします。

他方知覚過敏は冷たい物のみしみるというのが特徴的所見です。

ですからしみると言われても何がどのようにしみるのか。

虫歯が肉眼的所見で存在するか。

温かい物に対しての反応はどうか。

などを精査することにより大体の診断はつくきます。

また歯の削れ具合や食べ物のし好品なども精査する必要があります。とにかくしみるから虫歯という概念は捨てたほうがいかもしれません。

一度ご来院いただいて精査させていただければと思います。

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る