矯正治療の必要性|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

矯正治療の必要性

投稿日:2018年1月15日

カテゴリ:院長ブログ

矯正治療はもちろん患者さんサイドからすれば見た目の回復(審美性)が最重要点かと思います。

でも我々町医者としてはなかなかエステティックな観点から矯正治療の説明をすることは正しくないと私は考えています。

見た目を良くしたいというご希望が成人において発せられるならば甘んじて受けるつもりはありますが、お子様の治矯正治療を考えるにおいては少なくともその歯並びがお子様の健康に為害性があるという理由でないとなるべく説明をしないようにしています。

例えばかなり上の前歯が出ている方はほとんど上下の口唇閉鎖が出来ません。ですから唇は乾き冬場は荒れ、口呼吸(こうこきゅ)するためにのどの病気や風邪を引きやすくなります。

受け口(下顎前突)や過蓋咬合は咀嚼障害を引き起こしやすく人より食べることが遅いことが多いです。

歯並びががたがた(叢生)なお子さんは食べ物が歯に詰まりやすく将来的にも虫歯や歯周病のリスクがかなり上がります。

こういった健康上の問題を理由として矯正治療をお話しするようにしています。

ただ残念ながら健康保険の対象外である為に多額の費用が掛かります。

時間的にも永久歯が生えそろうまでの前段階と生え揃ってからの本装置。

終わってからの保定(後戻りしない装置)など、そこそこの時間がかかります。

なかなか大変な治療ですが、将来的なお子様の健康保持の為に必要であることも多いと感じています。

トップへ戻る