食べ物が詰まるのは仕方ないのか|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

食べ物が詰まるのは仕方ないのか

投稿日:2018年4月3日

カテゴリ:院長ブログ

食べ物が詰まる(挟まる)という事で多く恩患者さんが来院されます。

物が挟まるという事は両隣に物が存在し、その間に隙間があるから起こる現象です。

従って隙間が無ければ挟まる(詰まる)事はないのですが、隙間をすべて埋めてしまうという事は「歯」という環境下においては歯肉の上に何かの詰め物をするという事になります。

するとどうなるかというと歯周病が進行するか、よくても歯ぐきの腫れという現象が起こります。

従って現代歯科医学においては隙間は空けるというのが原則です。

ならば食べた物が詰まるのではないかと思うでしょうが、詰まったものはフロスや歯間ブラシで清掃するというのが今の基本的な考え方です。

しかしながらかなりひどく詰まることも有ります。

これは歯と歯の間が大きく空いているときに起こります。

従って隙間を歯肉のあたりまで出なく途中くらいまで埋めるか、もしくは詰め物などがあればそれを作り直す必要が出てきます。

まずはその必要性があるかどうかを歯科医院で尋ねてみてください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る