歯髄壊死|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯髄壊死

投稿日:2018年3月13日

カテゴリ:院長ブログ

歯髄壊死が疑われる患者さんが立て続けに2名来られました。

1人は簡単な診断がすぐにつき、ご相談の上しんけいをお取りしました。

主訴は歯茎に水ぶくれができた、という事でした。

神経が腐ってくると腐った神経が感染して膿をもって、歯ぐきに流れ出てきた李、貯留して水ぶくれのような上程を作ることがあります。

案の定神経まで歯を削っていくと、膿が溜まっていました。

 

問題はもう1人の方です。

こちらは原因不明の歯髄壊死でした。

まだ16歳という若さで上の前歯がすごく痛くて触ることも出来ないという状態でした。

すぐに打撲によるものかもと考えましたが、問診ではそのような状況もなかったとのこと。

といろいろ聞いてみましたが不正咬合と歯ぎしり、後は歯に負担のかかる習癖があるという事でした。

それらが複合的に重なり合って前歯の神経を壊死させてしまったのではないかと思われました。

レントゲンでもほとんど影は写らず大変難しい診断となりましたが、特殊な光を当てると左右の前歯で色合いが違うという事も診断の大きな一助となりました。

この方は結局しばらくの間は神経を取らず、服薬で様子を見ることとしました。

診断ができるかどうかは町医者の腕の見せ所です。

経験則はとても大事と思いました。

 

トップへ戻る