抜く・削るを最小限に|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

抜く・削るを最小限に

天然歯を可能な限りそのままに保存!低侵襲治療の追求

低侵襲治療

梅本歯科医院では、各患者さんの天然歯をできるだけそのままに維持できるような保存治療を重視しています。できる限り削らない、できる限り抜かないを追求し、お口環境への影響の少ない低侵襲治療(ていしんしゅうちりょう)を実現しています。具体的にどのような方法で、このような低侵襲治療を行なっているのか、梅本歯科流のこだわりポイントをご紹介いたします。

できる限り削らない!梅本歯科医院流の"4つの回避努力"

できる限り削らない

虫歯菌や歯周病菌に感染している状態の歯ですので、どこも削らずに治療を行なうことは不可能です。それでも医療器具や治療法も進歩し、できる限り削らずに治療を終える方法も考えられてきました。当院では、以下の4つの削る治療を避ける努力をしています。

① 拡大鏡使用の精密治療

精密治療

肉眼と比較し、5倍以上の視野を確保できるのが歯科用拡大鏡です。患部が見えるということは、健康な歯と虫歯組織の境目を厳格にとらえることができますので、無駄な削りを回避することができます。

② 予防歯科の徹底周知

予防歯科

歯が細菌などに侵される前に歯のクリーニングを実施すれば、そもそも歯を削る必要も生じなくなります。このため、当院は各患者さんに定期検診などをオススメし、歯医者さんでの歯のクリーニングを習慣づけていただくようにご案内しています。

③ 根本的な歯科治療

根本治療

今痛みが生じている虫歯にだけ対処する「モグラたたき方式」であれば、次から次へと最小限の削りで対処しても、総合的にたくさん削ることになってしまいます。これを回避するため、当院では、お口環境全体の根本治療として、この先虫歯になりそうな箇所へも処置し、将来の削りリスクを事前消去しています。

④ MTAセメントでの神経保存

MTAセメント

MTセメントと呼ばれる歯科用薬剤で患部に蓋をすれば、その滅菌力で虫歯菌を不活性化させることができます。これにより、虫歯菌の侵食部位を極力削らず、神経も残せるという理想的な保存治療が実現できます。どちらかと言うと、初期や中期の虫歯侵食に対して有効な場合が多い治療法です。

できる限り削る面積を少なく!虫歯除去の工程

①歯の隣接面の虫歯

サンプルイメージ

左上の5番に虫歯で穴が開いていました。しかしながらうっすらと隣の歯も黒く見えます。

②隣の歯も虫歯に

サンプルイメージ

隣の歯も内部が虫歯になっていました。虫歯は歯の表面だけでなく内部でも発生、拡大していきます。

③う蝕検知液で確認

サンプルイメージ

虫歯組織のみを染め出して削る箇所、削らない箇所を視覚化し、「削りすぎ」を防ぎます。

④虫歯除去完了

サンプルイメージ

虫歯組織のみを除去できました。隣の歯の内部虫歯に関してはご本人は気づいておられませんでした。内部虫歯は見た目にわかりづらいので、定期検診でしっかりチェックして早期治療を行うことが大切です。

⑤隣接面の形成

サンプルイメージ

歯の隣接面を補修するためにメタルストリップスを入れて、Vリングという特殊な器具で形成の準備をします。

⑤レジン充填で修復

サンプルイメージ

形成準備が整ったら、歯科用プラスチック(コンポジットレジン)にて形成して治療完了です。詰め物ではなく、できる限り削る面積の少ないレジン充填で形成するよう心がけております。

できる限り抜かない!梅本歯科医院流の"4つの抜歯回避努力"

できる限り抜かない

抜歯箇所の治療としては、インプラントやブリッジ、部分入れ歯などで代用するのが一般的です。しかし、天然歯に敵う人工物は存在しないため、できれば天然歯を残し、自分の歯で噛めるようにしておく方がベストです。このため、当院は抜かない治療、抜いた場合も自分の歯で補う治療を第一に考えています。

① 自分の歯の移植(自家歯牙移植)

移植を検討

お口の中に親知らずなどが残っている場合、そのご自分の歯を移植するという治療が実施できる場合もあります。このため、当院では歯が抜けてしまった患者さんの歯の治療に際しては、まず第一に「自家歯牙移植」の可能性を検討させていただきます。条件が整えば、お体への馴染みでもベストな天然歯で噛み合わせを復元することが可能になります。

② 拡大鏡を用いた精密根管治療

拡大鏡

重度虫歯の治療では、歯の根っこ部分を徹底的に滅菌処理する必要があります。これを根管治療と呼びますが、根管内は暗く細く小さな組織になりますので、視野を広げて患部をとらえないと精密な治療は行えません。当院は、拡大鏡を駆使して根管治療の精度を高めていますので、虫歯の再発リスクを低減させ、将来的な抜歯リスクも回避しています。

③ 歯の再植術、歯根端切除術にも対応

歯根端切除術

「歯の再植術」は、一度歯を抜いて細菌感染部分を取り除き、再度元の箇所に戻す治療法です。また「歯根端切除術」は、歯茎の方から切開し、歯根の病巣箇所の切断を行なうような治療法です。いずれも、頻繁に行われるような一般的な歯科治療ではありませんが、このような治療も実施しながら、当院ではできる限り天然歯を残す方法を追求いたします。

④ 将来を見据えた根本治療

根本治療

痛みが出ている箇所への対処療法でなく、そもそもお口環境でどのような問題が生じているのか、その本質的な原因を突き止めて根本治療することが大切です。例えば生活習慣などのヒアリングからも、将来虫歯や歯周病にかかるリスクなどがある程度想定できます。当院は、このような部分への改善にも働きかけ、まだ見えない抜歯リスクも取り除いています。

大田区近郊で「できる限り削らない、抜かない」歯科治療をご希望の方へ

抜かない・削らない

ご覧のように、当院は、「抜く」と「削る」を最小限に抑えた低侵襲治療を追求しています。一度抜いてしまった歯、一度削ってしまった箇所はもう元には戻せません。極力お口環境への影響を抑えた治療を目指すことで、一生、今の歯で過ごせるような歯科治療を実施しています。大田区近郊で低侵襲な歯科治療をお望みの方、ぜひお気軽に梅本歯科医院にご相談ください。

トップへ戻る