お口の中の写真を撮る|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

お口の中の写真を撮る

投稿日:2018年10月6日

カテゴリ:院長ブログ

最近患者さんのお口の中の写真を撮る機会が多くなりました。

もちろん一応患者さんのご了解を得てからですが。

と言うのはここしばらく保険の改正のたびに厚労省から写真撮影をしてその状況をデジタルで保存するように指導されております。

例えば歯周病の状態、初期虫歯の状態、歯の欠損の状態、歯ブラシ指導の状態など。

あらゆる場面で診療をどのように施しているか、またその経過結果がどのようになっているかを逐一記録として残すことを厳しく指示してきております。

もちろん患者さんへの啓蒙、我々の記録として確かに大変に有意義なものです。

ただ一部の患者さんはご自身のお顔を撮影するのかとか、写真を撮ると治療費が増えるのではないかというお話もありますが、あくまでも顔面写真の撮影はなく、お口の中の状況の記録だけですのでご安心いただければと思います。

この記録を撮らないと進めていくことの出来ない治療もあり、どうか患者さんにはこの点をご理解の上ご協力を頂ければと思います。

よろしくお願いいたします。

トップへ戻る