患者さんへの説明の難しさ|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

患者さんへの説明の難しさ

投稿日:2018年7月27日

カテゴリ:院長ブログ

患者さんへの説明は時には大変難しいものです。

確かに事実を述べればいいだけとはいかないことも多く、今の状態とその治療方法。

それによってもたらされるメリットとデメリット。

当然ながらこういう事をお話しなくてはなりません。

でもかなり難しいのは患者さんが痛みや腫れなどの症状を訴えていないにも関わらず、重篤な状態の時などです。

例えばちょっと噛みにくいけれども痛くない。

よくよく見てみると歯の一部折れている。

またそこから膿が少し出ているが、痛みとしては感じていない。

こんな時に何をするか何もしないのかは大変に難しくあります。

患者さんとしては痛くもかゆくないのに、歯を削られたり神経を取られたり、ましてや歯を抜くなど。

とっても理解のできる事ではありません。

ただそれでも治療の必要性がある時や、今のうちに処置をすれば少しでも長く歯が持つようなときはかなりの時間をかけて説明する必要が出てきます。

先日も歯根破折している歯で痛みがほとんどなく、根っこの先に大きな病巣がある患者さんい説明するだけで30分近くかかりました。

なかなか説明も難しいものです。

トップへ戻る