歯を抜いたらどうなるのか?|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯を抜いたらどうなるのか?

投稿日:2018年9月27日

カテゴリ:院長ブログ

患者さんは歯を抜くことに大変恐怖を覚えます。

もちろん抜くという治療行為もそうですが、果たして抜いたら噛めるのか、みっともなくないのか(特に前歯ですが)などを心配されます。

基本的には抜歯の後はブリッジ(固定式の入れ歯)か入れ歯(取り外しをするもの)です。

奥歯のブリッジでを作る予定でも歯を抜いた後に噛みにくいとか見た目を気にする方は抜歯と共に仮の歯をおつくりすることも出来ます。

入れ歯の方は抜いた傷が治るまで待ってから入れ歯の型を採るのですが、事情があればあらかじめ入れ歯を作っておいてから抜歯をすることもあります(即時義歯と言います)

このようになるべく歯が無い期間を短くする方法もありますが、状態によっては出来ないこともあります。

また抜歯してからその傷が治癒するまでは約2か月かかりますので、それをご承知の上で、上記のような仮歯や即時義歯を作るかなどをご相談頂だければと思います。

歯を抜くことは大変な事です。

でも抜いた後がどうなるかを知らずに抜歯することはもっと危険です。

必ず担当医と十分に相談してご理解を得てからしか当院では治療をしませんので、ご安心ください。

 

 

 

トップへ戻る