鼻の下を押すと痛い|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

鼻の下を押すと痛い

投稿日:2018年9月11日

カテゴリ:院長ブログ

今日、鼻の下を押すと痛いと言われて来院された方が偶然にも2人おられました。

症状としては珍しいものではなく、いわゆる鼻下部(びかぶ)の圧痛があるという事です。

女性の方は顔を洗ったり口紅を差す時に花の下に違和感があり、食べても痛くないし腫れているわけではないが雄押すと痛いという事で心配割れて来院されることが多いです。

男性ならば髭剃りの時になんとなく違和感を感じて来られる方が多いです。

基本的には上顎の真ん中から数えて2番目の歯の神経が死んだか腐ることによりその根の先が炎症を起こして痛みを感じることがほとんどです。

原因は虫歯や打撲の影響でで神経が死んだような事や、神経をすでに取った歯でその中が感染を起こしてその菌が根の先に飛び出して炎症を引き起こすなどです。

治療としてはその神経を取るか、すでに神経を取った部分を消毒していくことで治癒します。

またその部位にすでに高価な歯が入っていたり、虫歯や歯周病がある程度進行していて、外すことに難があるようなときは「歯根端切除術」という方法で簡単な手術をします。

局所麻酔下で30分くらいで終わるものですので、歯を1本抜くより大したことはないと、患者さんには私は伝えています。

ただまれに何も大きな問題が無くて圧痛があることがあります。

これは原因論は前述の通りでありながら、その炎症状態が軽微な事があるのです。

そういう場合は私は患者さんに「押さないで」と伝えて終心することもあります。

だって押していたいだけで大きな問題がないなら、「押さなければいい」という結論になるのは当然だと思いますので。

人間の体、何でもかんでもいじることがいい事ではないと思いますので。

トップへ戻る