ブリッジの支えの歯が腫れた|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

ブリッジの支えの歯が腫れた

投稿日:2018年2月16日

カテゴリ:院長ブログ

ブリッジの支えの歯が腫れて来られました。

6本が繋がっており、外すとたぶん2本くらいは抜歯となりそうです。

ベロ側(舌側)が大きくポコッと腫れて、歯周病が原因のようです。

患者さんは上の両側が歯が無くて入れ歯。

左下も歯が無くて入れ歯を入れていない状態。

お聞きするにやはり前歯ばかりで噛んでいたとの事。

レントゲンでは歯周病の為に骨は溶けている状態。

このブリッジを外すことなく延命は可能か?

ここが町医者の出番です。

通常ならば抜いて保険外でブリッジをお勧めするところかと思いますが、

将来少しでも長く自分の歯で噛んでいただくためには抜かないで何とかできないか?

まずは投薬。

こういう場合は抗生物質が大変良く効いてくれます。

それから歯周内部の消毒洗浄を麻酔下でしっかりとやる。

また食生活習慣の指導をして、抜いて入れ歯になると噛めないことを十分にご理解いただく。

一応上記の治療方針を立てて、今後やっていきます。

ただ通常抜歯となる歯が何年も持つ可能性が低いこともご了解の上でです。

また結果が出ればご報告しますが、何年後かになってくれればとkぃ大しています。

 

トップへ戻る