永久歯が無い時どうするか?Ⅰ|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

永久歯が無い時どうするか?Ⅰ

投稿日:2017年12月7日

カテゴリ:院長ブログ

生まれつき永久歯の数が足らない患者さんがおられます。

傾向としては親知らず(前から数えて3番目の大臼歯)、小臼歯(前から数えて45番目の歯)、側切歯(前から数えて2番目の歯)が多いです。

親知らずは当然一番奥なのであっても無くてもそれほど大きな問題は引き起こしません。

側切歯も意外に歯が無くても前歯というのは整然と並ぶので、我々も見逃してしまうことがあるぐらいなのであまり問題は起きません。

問題は小臼歯です。

今私の患者さんで23歳の方がお二人、その永久歯が1~2本足りません。

永久歯自体が無いのです。

従ってお口の中は永久歯群の中に1~2本だけ乳歯が混じっている状態です。

問題はその歯が抜けたとき1本分の隙間が物を咀嚼するべく場所に生じるという事です。

今そのお二人ともが先月からその乳歯が腫れて痛いという事で来院されました。

そろそろ抜歯を考えなくてはいけないのですが、その後のいい方策が見つかりません。

歯が無い時は4つの方法論しか存在しません。

①ブリッジ

②入れ歯

③インプラント

④何もしないで放置

上記のどれにも当然のことながらメリットデメリットがあります。

その点を勘案するにいい方策が無いのが実情です。

続きは後日…

 

トップへ戻る