セカンドオピニオンが多くなってきました|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

セカンドオピニオンが多くなってきました

投稿日:2018年8月9日

カテゴリ:院長ブログ

セカンドオピニオンと言う言葉が世の中に出てきて久しいです。

当院もホームページを見たという方がセカンドオピニオンを求めて多く来院されます。

特に今は地方から一時的に来られていて、前医の先生のご意見がよくわからなかったり、納得がいかなかったり、治療が古くて説明もよくわからないとか、いろんな理由で来院されます。

基本的に前医の先生のお話が詳しくなかったりすることなど、ちょっとしたボタンの掛け違えから来た説明不足などが理由で、少しの細く説明で納得される方も多くて前の先生に患者さんをお戻しすることが多いです。

先日来られた方は「右下の歯を2本ぐらぐらしていてそろそろ抜いたほうがいいんじゃないのかなあ」という説明?を受けたそうです。

確かに今まで長く通っていた先生かもしれないので、先生は軽い気持ちで言われたかもしれませんが、聞いている方としては、「そろそろ」とはいつの事か?

「抜いたほうがいいんじゃないかなあ」と言うのは抜かなくてもまだ持ちそうなのか?

先生に悪気はなくとも患者さんは自分の歯の事で精いっぱいなために、ついつい突っ込みたくなる事があるようです。

そんな少しの事もしっかりとこういう事情だからこうしたほうがいいとか、抜いた後はこうなるんですよとかを少しお話しただけで、十分に満足されてお帰りになられました。

説明とは簡単なようで難しいものです。

トップへ戻る