入れ歯の形態②|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

入れ歯の形態②

投稿日:2018年5月15日

カテゴリ:院長ブログ

昨日の入れ歯の話の続きです。

先日その「バータイプ」の入れ歯を入れた患者さんが来られました。

状況がその入れ歯はもう使う事が出来なくて新しい「床タイプ」にしなくてはいけない可能性のある患者さんでした。

それと言うのも現況は5本の歯が欠損しており、バータイプでも補う事の出来る状況でバータイプの義歯が装着されていましたが、今回は反対側の歯が折れて膿が出ている状態で、そちらを抜歯すると最低7本の欠損となり昨日お話したように「床タイプ」がかなりベターなケースとなるからです。

患者さんにお話をしましたが大変ご理解のある方で、その床タイプでいいですと簡単に言われてしまいその欠点を十分にお話をさせていただき、取りあえず今の状態のまま抜歯をしないで一度保険の入れ歯を作ってみようという事で一件落着となりました。

保険とは言え作ったはいいけど入れられない(発音障害や違和感が大きくて)となった場合、後戻り(今の入れ歯を使ってもらう)という事が出来ない状態を作りたくなかったからです。

次回に歯型を採り義歯を作っていきますが、時にはこういう場合のように患者さんが私どもの話を十分にご理解頂けていないことも有り、我々も説明が十分であるかどうか毎回自問自答しながら患者さんへ説明させていただいています。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る