入れ歯安定剤の功罪|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

入れ歯安定剤の功罪

投稿日:2017年12月11日

カテゴリ:院長ブログ

入れ歯安定剤は多種類販売されています。

ペーストタイプやゴムタイプなど多種多彩です

正直入れ歯が安定しないと言われる方にはご使用にならざるを得ないかもしれませんが、本来は歯科医院にて入れ歯が安定する方法がないかを確かめてからの方がいいと思われます。

当然入れ歯が歯茎に合っていないと部分入れ歯の場合は支える歯にかなりの負担がかかりますし、残った歯を痛めたり場合によっては歯を抜くような効果を示すこともあります。

まずは歯科医院にて入れ歯の適合具合をみていただき、合わないようならば修理や最悪再製作も必要になるかもしれません。

しかしながら歯医者がこう言っては語弊があるかもしれませんが、どんな入れ歯も安定良くすることは不可能です。

残っている歯の状態やましてや総入れ歯になると安定させるのはほぼ難しいと言わざるを得ません。

なぜならば基本的には歯茎の上にちょこんと乗っかっているだけの入れ歯が食べてもしゃべっても外れずなんでも食べられるならば、ちょっとでも虫歯や歯周病になったらドンドン抜いていけばいい、という理屈になります。

でも安定剤は長期間使用すると歯肉が緩くなり、コンニャク状になってくる場合があります。

また値段がとても高く安定するのですが1日に1回は安定剤を外さなくてはいけませんが、なかなか外すことのできない安定剤も多いのが実情です。

ですからできましたら長期の使用を避け、まずは歯科医院にて入れ歯の適合状態を診てからにした方がいいと思います。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る