珍しい不正咬合について|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

珍しい不正咬合について

投稿日:2017年10月27日

カテゴリ:院長ブログ

不正咬合という言い回しが妥当であるかどうかいつも疑問に思うところであるが、それ以外のいい方が学会を通じても一般臨床医にもないために、私も止む無く使っているだけの事である。

「不正」という文言は何か悪いことをしたかのような事を連想させるのでいつも使いづらさを感じつつも不本意ながら患者さんに使っている。

また「不正」の反対が「正常(正常咬合)」と言うところも日本語の文法的に正しいのかいささか疑問の余地があることは否めない。

本論に入りますが前歯と奥歯(第1大臼歯)が正常な噛み合わせでいながら、途中の奥歯(小臼歯)が左右共に全くかみ合っていない患者さんが来られました。

治療する必要性は我々専門家(矯正の専門家という意味でなく歯科の専門家という意味ですが)からするとかなり高いと感じました。

しかしながら先述のように俄か矯正医の為に、ご父兄から「なぜこのような噛み合わせになってしまったのか」という質問には閉口せざるを得ませんでした。

通常のよくある不正咬合ならばある程度の原因論も憶測を交えつつもご説明できるのですが、ほとんど見たことのないような噛み合わせの状態を示されてもなかなかお答えに困窮することもたまにはあります。

幸か不幸かご本人様もご父兄の方も矯正治療のご希望が無かったので、結局そのままという事になりました。

町医者は専門医へ依頼するか自院で治療をするかの関所のようなところではありますが、なかなかいろんな治療の隅々まで網羅することは難しいと思いました。

結局は私の勉強不足を痛感させられた今日の症例でした。

反省(._.)

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る