若くして入れ歯を入れるつらさ|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

若くして入れ歯を入れるつらさ

投稿日:2017年11月11日

カテゴリ:院長ブログ

入れ歯は基本的には作りたくはありません。

すでに入れ歯が入っている患者さんであっても、出来ればブリッジに(ケースが見合うならばインプラントに)してあげたいと考えます。

入れ歯は以前も書きましたが、食べられません(正確にはかなり食べにくいです)

こういう物を入れると入れ歯でない側があれば、そちらを中心とした食生活となります。

その為にその咀嚼側の歯が数年くらいで動いてきたり、噛めなくなって来たりして、両側ともに咀嚼できなくて、いろいろ何も食べられないという患者さんをよく経験します。

特にこれが40歳前後と言う働き盛りの患者さんでは、かなりこちらも辛いものです。

食べ盛りで働き盛り。

でも固いものは食べてはいけない。

体力がつかない。

食べると残っている歯がだめになる。

従って、将来が見えません。

こういう若い患者さんには、なるべく義歯を入れつつその義歯で食べられる物を中心とした食事をしていただくようにお願いしています。

今無理して噛める状態で早々と若くして総入れ歯へ着実に進んでいくか、それとも食べにくくはありつつも少しでも長く自分の歯を残すか。

2者択一しか方法が無いのです。

歯科医師の限界を感じてしまいます。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る