知覚麻痺|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

知覚麻痺

投稿日:2017年9月1日

カテゴリ:院長ブログ

知覚麻痺の患者さんです。

今まで薬を飲んで我慢していたのですが、最近痛みがなかなか消えず、右下の歯が噛み過ぎで割れているか、神経が炎症を起こしているかという診断で、神経の治療(抜髄処置)を施しました患者さんです。

当日は少し痛かったようですが、翌朝痛みは引いていたのですが口唇に麻痺感があるということでお電話を頂きました。

前日に翌日休診の担当医から詳細を聞かされており診断、治療の経過の報告ももらっており、もしかしたら症状が収まらない恐れもあるということで、私への報告をもらっておりました。

麻痺状態というのは処置が早ければ早いほど回復が早いものなので朝にお電話を頂いて、すぐに来てもらいたいと患者さんに伝えました。

ただ今まで神経の治療をして麻痺を訴えられた患者さんに遭遇したことが無いために、どういう因果関係かが全く分からず、急いで来てもらった次第でした。

麻痺があるかどうかは残念ながら第三者にはわかりません。

ただ解剖学を知らない患者さんが神経の走行に沿って麻痺感がある場所をご明示頂けたので、間違いなく麻痺があると確信しました。

すぐに近隣の大学病院をご紹介したところ、麻痺は神経の処置とは関係なく「下顎骨骨髄炎」という診断をいただき、即入院となりました。

実は骨髄炎という疾患は最近はあまりみられることが少ないために、我々もほとんど経験したことがありません。

聞いた話では戦前など栄養が行き届かず、抗生物質のお薬なども無い時代にはよくあったということです。

その患者さんはご自身である一定期間痛み止めを飲み続けていたために、症状の確定などが遅くなったと思われます。

お仕事でお忙しい方も多いと思いますが、痛み止めはいい薬ですが多用されると経過がわからず原因歯、病態の確認ができにくくなるために、なるべく早期の受診をお願いしたいものです。

連携病院があるということは大変ありがたいことです。

感謝申し上げます。

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る