今週2人目の歯根破折とレントゲン|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

今週2人目の歯根破折とレントゲン

投稿日:2017年12月6日

カテゴリ:院長ブログ

先日も書きましたが、歯が痛くて歯医者に行くとレントゲンで歯根破折があるという事で抜歯をしなくてはいけないと言われた、という事で川崎から来院された患者さんのケースです。

レントゲンで歯根破折がわかるようですと噛むことが出来ないのが普通です。

患者さんは数日前は痛かったけど今日は噛めるという事でした。

ただ朝方は痛くて噛めなかったという事で、それは寝ている間の食いしばりなどが原因と考えられましたのでその旨説明をしました。

数日間で噛めるようになるという事はまず歯根破折はないと考えるのが常識です。

一応レントゲンを撮り確認しましたが明確な破折線は認められませんでした。

レントゲンが現状を100%写し出すわけではないことをご説明の上、次回ブリッジを外して破折の有無を確認するという事でご了解を頂きました。

とにかく歯根破折はレントゲンでは確認できることが少なく、また症状から類推することも含めて診断をする必要があります。

それに確認できていないのに、「次回抜歯する」というのはいかがなものかと思います。

抜歯はすべての治療方法が無くなった時の手段であり、私はそれを「治療」とは呼びません。

以上です。

トップへ戻る