フッ素塗布|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

フッ素塗布

投稿日:2017年8月29日

カテゴリ:院長ブログ

フッ素塗布は小さなお子さんにとって有用な虫歯予防の処置の一つであることは言うまでもありません。

今日も2歳3か月のお子さんがフッ素塗布のために来られました。

とてもおりこうさんでして、自分1人で治療台に上ってくれました。

でも問題はここからです。

あんまりおりこうさんなので少し機械を上に上げたのですが、その途端に「もういい、もういい」と言って泣き出しました。

うかつでした(泣)

いくら子供さんが自分で機械に座ったとしても、やはり2歳児は2歳児。

慎重さに欠けました。

大変反省です。

泣いたのですぐに診療台から降ろしてお母様と今後の事をお話させていただいたのですが、その間中ずとスタッフとおもちゃで楽しく遊んでくれていました。

結局お母様とお話をしまして(乳飲み子を抱えた方でしたので最初に「ご一緒にお座り下さいと言えず、またこちらでスタッフに赤ちゃんを預けてもらえばよかったのですが、あまりに2歳児のお子さんの調子が良かったためについ流れに任せてしまいこういう結果となってしまいました)もうワンチャンスをいただくこととなりました。

1.6歳児検診の際にもそのお子さんは泣きながらフッ素塗布をやったそうです。

お母様に「今日押さえつけて塗布することは簡単ですが、トラウマとなって今後の歯科検診などの際には大変困ったことになるかもしれないので、今日は無理をせずにこのままお帰り頂いて、また次回にトライしてみたい」とお願いして了承をいただきました。

今般我々の診療室に来られる方で「歯科治療恐怖症」の方のほとんどは、小さい頃のトラウマが原因と考えられます。

ですから当院ではくれぐれも嫌がるお子さんに治療やフッ素塗布を無理強いすることは避けています。

今は無理でも、いい意味でそのお子さんの将来に結び付けばと考えています。

でも今日は反省でした(._.)

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る