入れ歯をいつ作るか?|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

入れ歯をいつ作るか?

投稿日:2017年10月30日

カテゴリ:スタッフブログ

入れ歯を作るタイミングは大変難しいです。

歯が無くなれば入れ歯を作らなくてはならないことは誰にでもわかります。

ただ今はまだ大丈夫だけれども、いずれ(近い将来)だめになりそうな歯があるのだけれども今抜いて入れ歯にするか今しばらくこのまま痛みもないので使ってもらうかの判断で、いつも苦しめられます。

入れ歯がいいものであれば論ずることはないのですが、やはりその違和感、異物感、発音障害、摂食障害などなどを考えるに、まだもう少しは今のままでその苦しみからは遠ざけてあげたいと考えてしまいがちです。

しかしながら今回来られた患者さんはむろん以前よりその点はお伝えしてあったのですが、ある日上の前歯がごっそりと6本分外れて取れて来られました。

入れ歯にしなくてはいけない状況はかねてよりお伝えしてあったのですが、悪いことに2週間後には親戚の結婚式に出席とのこと。

外れたブリッジは再セットすることがかなわぬほどボロボロの歯の上になんとかしがみついていたような状態。

やむ無く即座に歯型を取り、急ごしらえの入れ歯を作ることになりました。

先週末にセットしましたがやはり急ごしらえはそれなりの物で、前歯の長さや突出の具合は十分に私が納得できるものではありませんでしたが、それでも患者さんは1週間以上に及ぶ前歯の無い状態から解放されて喜んでおられました。

こういう時に仮の入れ歯をと思うのですが、保険の適応外となります。

また一旦入れ歯を作ると6か月間は新しい入れ歯を作ることは保険では出来ません。

我々も医療保険制度の中で苦しみながら少しでも患者さんにそぐう治療をと考えていますが、実際はなかなか叶いません。

今後微調整を繰り返しながら、半年後に私も納得できる入れ歯を作っていく予定です。

 

トップへ戻る