歯周病治療での固定法|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯周病治療での固定法

投稿日:2018年9月10日

カテゴリ:院長ブログ

歯周病治療の時に固定法というやり方があります。

その名のごとく、歯を固定します。

よく使う材料は、矯正治療などで用いられる強力な接着剤を使う事が多いです。

矯正で針金や歯に付ける器具の装着に使います。

ですからかなり強力なのですがこれには条件があります。

グラグラしている歯を接着剤で両隣とつける訳ですが、この両隣の歯がぐらぐらしていたら、一緒になって数本の歯がぐらつくだけなので、この両隣の歯はぐらついていないという事が条件となります。

先日来られた方はこの両隣もぐらついており、接着剤を何度付けても取れてきます。

もちろん両隣がぐらついているのは当然ですが、それ以上にある程度の固い物を噛むことをやめられないからと考えられます。

その時もアポイントがいっぱいで、急患枠まで埋まっていたために1時間くらいお待ちいただくとのご了解を得て急患扱いで飛び込みで来られましたが、やはりつけて1週間もたたずに取れていました。

しかしながら歯を抜くのは簡単ですがその後の治療が入れ歯になってしまうために、なかなか積極的に抜こうと言えない状態で苦慮しています。

接着剤の接着力を上回るほど持たない歯は抜歯しかありません。

なるべく無理をしないで噛んでいただくことが大事なのですが。

大変難しいです…

トップへ戻る