認知症と入れ歯|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

認知症と入れ歯

投稿日:2018年6月18日

カテゴリ:院長ブログ

いつもの事ではあるが初めて入れ歯を入れる時はかなり緊張します。

もちろん初めての入れ歯の時はおつくりする前から緊張します。

と言うのはかぶせ物やブリッジなどの固定式(取り外しをしない)タイプの物と違いかなりの違和感のあるものを装着するために事前のお話に漏れが無いかを十分に気を付けて説明しているからです。

歯を抜いて入れ歯を入れた時点で「こんな物は入れていられない!」なんて言われたら、元に戻せないだけにこちらがかなり慎重になります。

そこへもってきてこれが認知症の患者さん(軽度)の場合はもっと大変です。

取り外しの説明はもちろん、使い方や洗浄の仕方を一からお教えするのですが果たしてそれができるかどうか。

またお使いいただいていても「痛い」という感覚が鈍くなっていると、大きな傷が出来ていても感じにくくて、その結果大事になることもあります。

無論痛いと言われないのでこちらも慎重に拝見していかないと、傷を見つける事は出来ません。

患者さんを疑うわけではないのですが、言い分をすべて正しいとしてみていると大変なことになるので、難しいです。

 

トップへ戻る