歯周病と噛み合わせ|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯周病と噛み合わせ

投稿日:2018年3月19日

カテゴリ:院長ブログ

噛み合わせが悪くて歯並びを治したいという方が多くおられます。

噛み合わせは見た目だけの問題ではありません。

噛み合わせは虫歯や歯周病の誘因の一つとなります。

従ってきれいになりたいという願望も大事ですが、自分の歯と一生どうやって付き合っていけるかという、生きるために噛み合わせという物は大きな影響を与えています。

不正咬合の一つにオープンバイト(開咬)という物があります。

これは奥歯を噛み合わせた時には基本的に前歯はある程度閉じます(正確には約1mmくらい空いてもいいのですが)

ところが奥歯で噛んでも前歯が1cm以上開いてしまうような噛み合わせの方がおられます。

こういう方は当然麺類を前歯で噛み切ることは不可能で、奥歯でしか食事を食べられないので、奥歯への負担が普通の方の数倍となり、奥歯が早くだめになる可能性が高いです。

先日もそういう方が来られ、歯周病があり奥歯で噛むと痛いという事でした。

ただ難しいのはこの状態を治すことがほとんどできないという事なのです。

噛み合わせの調整をすると噛める個所が減りますのであまり削れません。

従って食形態を少し落として、なるべく軟らかいものを食べていただくように指導しています。

噛み合わせの悪い患者さんの治療は難しいです。

トップへ戻る