マウスガードとオリンピック|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

マウスガードとオリンピック

投稿日:2017年10月8日

カテゴリ:院長ブログ

昨日は大学の部活のOB会へ出席のために久しぶりにブログを書きませんでした。

昔の仲間はいいもので、昔話に時間が過ぎるのも忘れて話し続けました。

とは言え単なる飲み会ではなく、きちっとした講演会もありました。

その昔、部活をしているのか酒だけ飲んでいるのかわからない奴で、それほど勉強などにも興味がなかった同級生の発表でした。

彼は北海道で開業しており、ちょっとしたきっかけが原因でマウスガードに興味を持ち始め、今は日本オリンピック委員会強化スタッフ・日本ボブスレーリュージュ連盟医兼科学委員などとして活躍しているということです。

2020年にはいよいよ東京オリンピックが開催され、我々歯科医師も海外からの観客やアスリートの口腔の怪我や歯痛に対しての対応が必要となります。

またいろんな競技においては「マウスガード」が必需であったり、許可されていないスポーツがあったり(ゴルフなどで一部)、着色したものの使用が義務付けられて(アイスホッケーなど)いたり、いろんな情報が得られて大変に内容の濃いものであり質問が相次ぎ宴会時間の開始が大幅に遅れてしまう状況でした。

ただ残念なことにマウスガードは健康保険では作ることができません。

当院でも2~3万円でお作りしています。

北海道は冬季スポーツが盛んで歯科医師会を含めてマウスガードの啓発に努めているそうで、かなりの歯科医院でマウスガードを作ることができて、またそれに関する知見も深いようです。

33年間開業して臨床一筋で頑張ってきましたが、同級生がこんなに頑張っているという姿を見せられて、自分ももっと頑張らなくてはという思いで千鳥足で帰ってきました( ^)o(^ )

トップへ戻る