矯正歯科・マウスピース矯正|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

矯正歯科・マウスピース矯正

エキスパートによる歯列矯正(無料相談&セカンドオピニオンにも対応)

矯正歯科・マウスピース矯正

梅本歯科医院では、矯正治療のエキスパート、経験豊富な専門医が皆さんの歯列矯正を担当いたします。歯並びの状態に合わせたベストなご提案、効果的な治療がご提供可能です。お子さん、一般患者さんを問わず、無料相談も実施しておりますので、ぜひご利用ください。

大学病院矯正科の指導医を勤めたドクターが
担当致します

当院の矯正担当医は、鶴見大学病院矯正科の指導医を勤めておりました。月に2度の矯正日に当院にて矯正歯科の担当をしており、多くの患者さんにご支持いただいております矯正歯科のエキスパートが、あなたの矯正治療を担当致します。

目立たない歯列矯正を実現(マウスピース矯正、クリア矯正)

目立たない矯正器具

従来までの矯正治療は、矯正治療中に目立ってしまうことがネックとなっていました。当院では、このようなお悩みを解決する手段として、次のような「目立たない矯正治療」をご用意しています。時代とともに、矯正治療はより身近なものとなってきています。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正

インビザラインと呼ばれるマウスピースを使用した最新矯正治療法です。ワイヤーでお口を傷つける心配もなく、目立たず取り外しが可能で、お食事や歯磨きの際に不便な思いをする必要もございません。

白い矯正装置(クリア矯正)

クリア矯正

目立ちにくい「白いワイヤー」と「透明のブラケット」をセットにした治療法です。矯正装置の形状は一般のものと同じですが、色への配慮で歯列矯正の印象を大きく変えることに成功しています。

歯を抜かない矯正『非抜歯矯正』を推奨します

非抜歯矯正

梅本歯科医院では、歯を抜かない矯正治療「非抜歯矯正」を推奨しています。これは噛み合わせという機能面で好ましくない影響を避けるためです。特に、抜歯が選択されやすい小臼歯(4番目の歯)は、噛む機能を考えた時、非常に重要な役割を果たします。よって、出来る限り抜歯矯正を回避することが重要です。歯列矯正治療において抜歯を回避する方法は以下2通りがあります。

歯を遠心移動させてスペースを作る

歯の遠心移動

奥歯を喉側に移動させ、スペースを作ります(遠心移動)。一般的な矯正装置で遠心移動は難しいため、インプラントアンカー矯正やマウスピース型の矯正装置を使用します。ですから、目立たないインビザラインマウスピース矯正は抜歯を回避する矯正治療法としても優秀なものと言えます。

エナメル質を削りスペースを作る

IPR矯正

歯の側面を少しずつ削ることで歯の横幅を小さくし、歯と歯の間に隙間を作る方法があります(=IPRやディスキングと呼ばれる方法)。人間の歯のエナメル質の厚さは約1~2mmで、この方法で削るのは約0.2mm〜最大でも0.5mm程度、エナメル質の厚みの3分の1以下です。

1/3と言ってもIPRでエナメル質を削ってしまっても大丈夫なの!?

エナメル質削るエナメル質の量(最大で0.5mm)を厳格にコントロールすることで、後に虫歯になってしまう、もしくは歯の健康や寿命を損なうといった臨床報告は過去に一切報告されていませんので、ご安心ください。

本来的には、歯質は削らないに越したことはありませんが、歯が並ぶスペースを確保できるメリットがありますので、歯列矯正においてはしばしば用いられる方法です。他にも次のようなメリットが考えられます。

IPR・ディスキングによる矯正治療法 5つのメリット

矯正治療後、再び歯列矯正が乱れてしまうという「後戻り」が起こりにくい。

抜歯を実施した矯正治療と比較して、簡単に短時間で治療が実施できる。

歯と歯の間で軽度虫歯がある時、虫歯も含めて取り除くことができる場合がある。

歯と歯の間にできた隙間、ブラックトライアングルを目立たなくさせられる。

大きなスペースの確保でなければ、抜歯矯正を回避する手段になりうる。

歯列矯正で治すことが期待できる不正歯列

不正歯列

好ましくない状態の歯列、「不正歯列」にはいくつかの種類があります。次に挙げる6つの主要な不正歯列は、歯列矯正を実施することで改善が期待できるものです。矯正治療をご検討中の方、一つの判断材料にしてみてください。

出っ歯

出っ歯

日本人の中でも比較的多く見られる不正歯列です。上の前歯が突き出していることで、お顔の印象にも影響を与えてしまいます。

開口

開口

奥歯を噛み合わせた時、前歯が噛み合わずに上下で隙間ができてしまうものです。いつでも口が開いた状態になりやすいという特徴があります。

受け口

受け口

出っ歯とは正反対で、上の歯よりも下の歯が前方に突き出しているような歯列です。上の歯が削れやすくなってしまうというリスクがあります。

叢生(そうせい)

叢生

歯が乱れて生えているような状態で、乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれます。噛みにくいことに加え、虫歯になりやすいという特徴もあります。

空隙歯列(くうげき)

空隙歯列

一般的に「すきっ歯」として知られているもので、食べ物などが挟まりやすい状態です。発音への影響もありますが、矯正治療自体は簡単です。

過蓋咬合(かがい)

過蓋咬合

開咬とは正反対の不正歯列です。噛み合わせが深すぎることが問題で、見た目以上に歯を擦り減らしてしまうというリスクがあります。

大田区で信頼できる矯正歯科をお探しの方へ

矯正専門のベテランドクター

梅本歯科医院には、大学病院にて歯列矯正を指導している矯正治療のエキスパートが在籍しています。プロフェッショナルな視点からの歯列矯正がご提案可能です。無料相談も実施していますので、大田区近郊で歯列矯正をお考えの方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

トップへ戻る