摂食嚥下の指導(特養にて)|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

摂食嚥下の指導(特養にて)

投稿日:2017年12月14日

カテゴリ:院長ブログ

今日は第2木曜日ですので特別養護老人ホームにて食べ方を教える日でした。

今日は新規入居者が9名で前回のモニタリング(その後の経過を見る方)も3名という状況で大忙しでした。

幸い厳しい状況の方は私の担当した方にはおられませんでしたがそれでもなぜか主食と甘いゼリーなどは食べるが、副食は一切食べないという方。

あらゆる食形態はミキサーにかけなくては食べられず、主食も副食もおやつもすべてミキサーにかけて、ただ昼食時間中ひたすらそれを飲み続けている方。

入れ歯が落ちるようでカチカチと音を立てながらも、固い鶏肉もしっかりと粉砕する方など、さまざまではありましたが大きな嚥下の問題などがなく、誤嚥性肺炎の心配のない方ばかりでよかったです。

ただ他の先生が担当した患者さんは重症の方が多く、ほぼ傾眠状態でこちらから声がけしないと目も開けられず口はもちろん閉じたままで、何とかお口の中にスプーンなどを持って押し込むようにしないと食べていただけないような方も2名ばかりおられました。

しかも思い糖尿病でカロリー制限がかかっていたりするのでやはり食べトレは大変です。

以前も書きましたがこうやって新規入居者が9名おられたという事は、その人数分の入居者がおられなくなったという事です。

「食べなければ死んでしまう」という事を身をもって感じさせられるので、いかにして診療室へ来られた方になるべく長くご自身の歯で食べてもらうことが出来るか、日々の臨床にもこのことが私自身大変役立っています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る