ランパントカリエスとは|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

ランパントカリエスとは

投稿日:2018年8月8日

カテゴリ:院長ブログ

我々の専門用語で「ランパントカリエス」と言う言葉があります。

多発性カリエスの事です。

すなわちお口の中が虫歯だらけという事です。

先日40歳を超えたばかりの方がこのような状態でお見えになりました。

上の前歯(奥歯もですが)ほとんど歯が無くて、歯ぐきの中に埋もれた状態。

どこで噛んでいるのか心配になる状態で、開業当初の30数年前を思い起こされる状況でした。

こういう場合どこから治療を始めるかが大変難しいのです。

本当は奥歯の治療が先で前歯の治療は奥歯の噛み合わせが完成してから作るのが筋。

でも前歯の見た目から治してほしいという患者さんも多くて、大変に難しい選択となります。

幸いこの患者さんは男性で、治ればいいという感じで私の方針に賛成していただけたので、前歯の歯ぐきを電気メスで大きくカットして健全な歯が見えるまでやりまして、抜歯か抜歯しないでいいかの判断を付けた上で、奥歯に着手しました。

こういうケースはほとんど最近は見かけないのですが、やはり来られた時に優先順位を即座に判断して、患者さんの意向も含めて治療に着手して、噛める状態を再構築しながら、審美性も回復するという事をやっています。

でもできればこうなる前に来ていただきたいものですが…

 

 

トップへ戻る