お口の掃除道具について|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

お口の掃除道具について

投稿日:2018年6月6日

カテゴリ:院長ブログ

お口の清掃道具と聞くと歯ブラシは思いつきますが、それ以外には何があるでしょうか?

フロスや歯間ブラシ、1本ブラシや舌ブラシ、マウスウォッシュなど今の時代たくさんの清掃道具があります。

私は基本的にはなるべく多くの道具を使わないように指導しています。

もちろん隅々まで磨くためにはいろんな清掃道具が必要なのは事実です。

ただし3日坊主で終わっては意味がありません。

ですから飽きることなくまた効率性を求めるとすると私は「歯ブラシ」と「歯間ブラシ」の2つをお勧めしています。

歯間ブラシと聞くとじゃあフロスでもいいの?と聞かれそうですが、私は個人的にはフロスは好みません。

無論、歯と歯の間の接触部分に挟まった食べかすはフロスでないと除去できません。

でもあくまでも歯間部の清掃ならば歯間ブラシで十分です。

特にフロスはテクニック的な難しさがあり、ご指導も大変ですしうまくできる患者さんが少ないのも事実です。

中には手用歯ブラシと電動歯ブラシのどちらがいいか?と聞かれますが、どちらも一長一短があります。

でも基本的には器用な日本人には手用がいいでしょうし、不精な方には電動がいいでしょう。

このように多種多様な道具があり、迷われる患者さんが多く指導する我々も混乱することがあるくらいです。

でも汚れを取るという目的は一つですので、ご自身の使いやすい道具で日々清掃していただければいいかと思います。

トップへ戻る