小学校の検診を終えて|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

小学校の検診を終えて

投稿日:2017年10月26日

カテゴリ:院長ブログ

今日は校医をしている小学校の検診に行ってきました。

秋の臨時検診と位置付けられている検診の為、虫歯と汚れと、交換期となり抜くべく歯のチエックです。

全体的には昨今言われているように虫歯の数は30年前と比較にならないくらい減っています。

ただ磨けているかと言う観点で見ると、なかなかうまく磨けていない児童が多かったように感じました。

磨き残しがあるとそこから虫歯になったり歯肉炎を引き起こしますので、要注意です。

また矯正治療をしているお子さんがかなりいらっしゃいました。

これが時代の流れでしょうか。

あるクラスはその1/4くらいの児童が矯正中のようでした。

矯正装置を入れていると汚れがひどくなることが多いのですが、そういうお子さんに限って大変よくケアされているようです。

ただ幾人かの児童の方には「治療勧告書」を出しました。

本来今回の検診ではその業務には入っていないのですが、残念ながらこの状況を校医として見逃すわけにはいかないほど重症度の方もいらっしゃいました。

やはり口腔管理の行き届いているお子さんは多かったのですが、、その正反対である場合がほんのわずかですが見受けられました。

乳歯だからといって侮ることなかれでして、そのままその状況は永久歯へと波及することがよくあります。

永久歯を大事にするためには、すでに乳歯の段階でのケアが必要という事です。

 

トップへ戻る