親知らずが生えてきた?|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

親知らずが生えてきた?

投稿日:2017年8月3日

カテゴリ:院長ブログ

親知らずが生えてきたと言われて来院される小学生、中学生の患者さんもおられます。

親知らずは基本的には18歳を超えて生えてくることが多く、私の経験で最年少の方でも15歳そこそこでした。

ならば小学生で出てきた歯は何?中学生で出てきた歯は何?

というとほとんどが小学生の低学年では「第一大臼歯」で、中学生ごろに生えてくる「第二大臼歯」であります。

患者さんは「歯牙年齢」という言葉をご存じないので仕方ありませんが、

歯は生えてくる年齢がある程度決まっています。

私たちは特にお子さんですが、歯の生えている状況や本数である程度の年齢を推し量ります。

ですから3歳のお子様で永久歯が生えることはないということです。

奥歯の歯の形態は似通っており、私たちも気を付けて見てみないとたまに乳臼歯(子供の奥歯)と永久歯の大臼歯を見間違えることもあります。

たまに聞く話ですが間違って永久歯を抜いてしまったということも漏れ聞きます。

特に歯が生えてくるときは「産みの苦しみ」ではありませんが、痛みを伴うことも多いです。

虫歯で痛いのか、歯が生えてきていたいのか。

ご心配な時はご相談ください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る