40歳代の歯周病|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

40歳代の歯周病

投稿日:2018年5月16日

カテゴリ:院長ブログ

非常にざっぱくな話となりますが、40歳代で歯周病の急性発作を起こした場合の事です。

歯周病とひとくくりにしても歯肉がちょっと腫れたケースから、膿が出てはれ上がり噛めないようなケースまでいろいろとあります。

今回の方は40歳代にして一番奥の歯が歯周病の急性発作を起こしてこられた方です。

問題はその治療方法でなく、発症年齢なのです。

本来は50歳を優に超えた方に起こるべく症状を40歳代にてすでに発症していることからその予後(今後その歯がどのようになっていくのか:症状が進行したり治癒していくのかの予測予見)を類推すると、とてもいい事は思いつきません。

従ってその腫れた状態を収める事は簡単ですが、なぜこのような状態となったのか、今後どのような注意が必要かなどを一つ一つレントゲンやお口の中を拝見してご説明しなくてはなりません。

この方は奥歯が1本のみならず他の2本も歯周病による歯槽骨の溶けた状態が確認でき、若干の歯の動揺もあります。

こうなるとやはり負担過重が原因と考えられます。

従って奥歯に負荷のかかるような食生活、生活習慣、悪習癖などを問診して、その解決方法を一緒に考えます。

確かに大変なのですが、放置すれば50歳の後半には入れ歯は必至。

如何にそういう状態を避けるか、いつまでも食べられる「健康寿命」を長くできるかが問題なのです。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る