矯正治療と食いしばり|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

矯正治療と食いしばり

投稿日:2018年7月6日

カテゴリ:院長ブログ

矯正治療を過去に受けた患者さんが多く来院されます。

やはり噛み合わせはとてもいい(あたり前ですが)のですが、良すぎることも多く見受けられます。

実は上下の歯の接触は我々の世界では3点接触と言って、たった3か所の歯科も点状に歯科噛んでいないのが当たり前なのです。

その3か所でいろんな食べ物をすりきって、かみ砕いて咀嚼しているという訳です。

では矯正をした患者さんはどうかと言うと、面で接触している方が大変に多いのです。

面で当たるともっと噛める、なんてことはなく確かに噛めるのは噛めるのですが、噛むことが出来過ぎてしまい、かえって歯を支えている組織に過大なる負担をかけてしまうという訳です。

ですから矯正した患者さんが噛みすぎの為に歯が痛くなったり知覚過敏を起こしてくる方が多く見受けられます。

非常に変な話ですが噛みにくくして差し上げる、なんてこと(しませんが)になるので、十分にその注意を申し上げて、食生活習慣の指導をしてお帰り頂いています。

よく噛めるという事が体に害悪であることもあるのです。

トップへ戻る