電動歯ブラシ(PART2)|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

電動歯ブラシ(PART2)

投稿日:2017年8月20日

カテゴリ:院長ブログ

電動歯ブラシについての続きです。

では電動歯ブラシにはどのようなメリットデメリットがあるかをご説明します。

メリット)

①汚れがよくとれる

②左右にブラシを動かさなくていい(動かしてはいけない)

 

デメリット)

①音がうるさい

②誤った使い方をすると歯茎を傷つけやすい

③重い、値段が高い、磨く技術が必要

 

正しい使い方

①強く押し当てない

②角度に気を付ける

③ペンを持つようにする

 

本来歯ブラシは手用で磨くので大丈夫だと私は思っていますが、最近は大変性能のいい電動歯ブラシが出てきたために、手用で磨くよりも楽で汚れが十分に取れる気がすると言われる方も多いです。

私が歯科大学に入ったころ全学生の前であいさつをする機会があり、そのお礼に当時の学部長先生から頂いた品物が「電動歯ブラシ」でした。

ろくに歯も磨かない子供たちが多かった時代に、電気で動く歯ブラシをもらって大変に感激したことを覚えています。

日本にはまだほとんどなくて、もちろん外国製でした。

当時の電動歯ブラシに対する認識は「身障者用」という位置づけで、コンセントに直接差し込むタイプで、今のような充電式ではありませんでした。

今の電動歯ブラシはその頃の物と比べると当然ながら格段の差があり、大きく分けて2種類の電動歯ブラシがあります。

1つは音波(超音波)歯ブラシで、歯肉溝の中の細菌を唾液の中で洗い流すというもの→歯周病対策

もう1つは毛先が丸くなっていて主に歯面の汚れを取るもの→虫歯対策

どちらが優れているということではなく、両者とも優越つけがたいというのが現状です。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る