外骨症(がいこつしょ)について|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

外骨症(がいこつしょ)について

投稿日:2018年6月23日

カテゴリ:院長ブログ

外骨症の患者さんが来られました。

顎の骨が異常隆起を起こした状態を言います。

原因は歯周病で歯が抜けると困るので生体が骨の一部を過剰成長させて起こる現象であるとも言われていますが、はっきりとした理由はわかっていません。

時々これが悪い物ではないかと言う相談をよく受けます。

その時には私も上顎に大きな外骨症がありますよと言って笑っています。

これは体には何の為害性もなく、放置しておいて大丈夫です。

あまりに大きくなった時は外科的に切除することもありますが、基本的にはそのままです。

ただ先日来られた方もそうですが、義歯を作る際にはかなり厄介です。はっきり言って邪魔ものです。

入れ歯はその部分を覆うとほとんどの場合痛み(入れ歯の当たり)が出て、そこをすべて削除しなくてはなりません。

入れ歯は広い粘膜の上に乗って安定するものですので、その粘膜部分の入れ歯を削除すると安定感が損なわれます。

従って安定のいい入れ歯は出来ないという事です。

従って入れ歯にとっては外骨症は天敵なのです。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る