金属とプラスチックの詰め物|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

金属とプラスチックの詰め物

投稿日:2018年2月17日

カテゴリ:院長ブログ

金属とプラスチックの詰め物でどう違うのか?

現在はほとんどプラスチックの詰め物が主流です。

以前歯金属の詰め物が主流でした。

ただこれには理由があります。

というのはその昔、プラスチックの詰め物という物が存在せず、金属の詰め物しかなかったからです。

無論プラスチックの詰め物が出てきた当初は、なんでもそうでしょうが初期の物には不良品が多くて、プラスチックも取れたり変色したり、欠けたりなどいろんな不具合ありました。

もちろん現在はそんなことはかなり少なくなった為に、プラスチックが主流となってきたわけです。

ただやはり歯と歯の間の部分をプラスチックで修復するとした時には、

やはり強い噛み合わせや歯ぎしりなどがある方は、壊れるリスクがあります。

従ってどうしても大きな詰め物は保険外の治療をお勧めするか、金属をお選びしていただくしかないとなります。

皆様も適材適所で選んでいただかないと、後で困ることになるかもしれませんので、十分にご相談してからお決めください。

でも奥歯が白いと気分がいい物ですが(*^-^*)

 

トップへ戻る