親知らずの抜歯|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

親知らずの抜歯

投稿日:2017年10月21日

カテゴリ:院長ブログ

親知らずを昨日抜きました。

食べ物が手前の歯との間に挟まるという事で、手前の歯が虫歯にならない内にという事が理由でした。

親知らずの抜歯はいつも緊張します。

外科処置は途中で「時間が無いので終わりにしましょう」という訳には行きません。

一端手を付けたら抜けるまでがバトルです。

レントゲン写真を撮り精査しながら抜くわけですが、中には大変なケースもあります。

無論あまり厳しいケース(根が大きく二つに分かれている、骨と癒着している。骨の中に深く入り込んでいるなど)は近隣の中核病院にお願いすることもありますが、中には夜しか仕事の都合で来られないという方もおられ(近隣の病院では基本的に午前か夕方迄ですので)なるべく出来る限りの事をしてあげたいと思っています。

特に下の親知らずは骨が硬くて麻酔液が充分に到達しない恐れもあり、予め神経の大元にも麻酔をして行う事が多いです。

その為に抜歯後通常の麻酔であれば1時間くらいで切れるのですが、この麻酔は6~8時間くらい効いていることがあります。

無論歯ぐきを切ったり顎の骨を削ったりすることは当然であり、抜歯後には縫合処置も必要になります。

その後抜歯後の注意や薬の飲み方などを説明します

お風呂やお酒は当日は避けていただき、過激なスポーツも控えていただき安静にしていただくようにお願いしています。

町医者ですので出来ることは限られておりますが、なるべく患者さんのご希望に添えるように日々頑張っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る