歯周病で固定をする|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯周病で固定をする

投稿日:2017年10月19日

カテゴリ:院長ブログ

歯周病の患者さんで歯がぐらつく方には「固定」という方法を用いることがあります。

これはぐらぐらしている歯とぐらぐらしていない歯を矯正治療などで使う強力な接着剤を用いてくっつけることで、見かけ上ぐらつかなくする方法です。

見かけ上と書きましたように実質ぐらつかなくなるわけでなく、あくまでも見かけ上だけの事です。

かなり進行している歯周病の場合に使う治療方法です。

でもこういう処置をすると患者さんはいくぶんかでも歯のぐらつきが感じにくくなるために、心理的にはかなり楽になることが多いのです。

ただだからと言って普通の歯のようにどうぞ噛んでくださいと言うわけにはいきません。

でも以前よりも噛みやすくなることも多く、食が進むことも多いようです。

1本か2本の連続して動く歯があるならばこの方法は有益です。

ただし何本も連続して動く歯がある場合は、動いている歯を動いている歯で固定しようとしてもグループでぐらついてしまうだけで、あまり有効ではありません。

しかしながら少しでも自分の歯で食べたい、自分の歯を抜きたくないという方には最後の手段として大変意味のあるものです。

このようにいろんな手段を用いて少しでも患者さんが食べやすく、ご自身の歯を大事にしていただく意識をお持ちいただくことが肝要かと思っています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る