顎関節症での痛み|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

顎関節症での痛み

投稿日:2017年11月12日

カテゴリ:院長ブログ

顎関節症の患者さんは多いです。

ただほとんどの患者さんは無症状の為に、それが顎関節症であるかどうかを知りません。

例えば顎を開けると音がするが特に気にすることも無いので、歯医者へは行かなかったという患者さんも多いです。

顎関節症とは顎の関節にまつわるあらゆる病態、症状の総称です。

口が開きにくかったり、音がしたり、顎の周りが痛かったり様々です。

今日は顎を開けるだけでなく、開けなくとも痛みがあるという患者さんが来られました。

顎関節の周囲に自発痛があり、顎を開けると関節が頬にやや突き出てきます。

顎関節症での自発痛はまれなケースです。

関節が異常位にある為なのか、噛むための咀嚼筋や片頭痛の時に痛くなる側頭筋から胸鎖乳突筋(肩こりの時に痛くなる首の周りの筋肉)まで痛みが広範囲でした。

ここまでくると投薬やマウスピースなどで収まる範疇ではなく、近隣の中核病院をご紹介しました。

もしかすると関節突起が関節窩を飛び越えていて、クッションとなる関節円板が損傷している可能性があります。

CTなどでの精査が必要となります。

このように我々町医者が治せる時と、精密検査が必要な時があります。

重症化しないうちにお尋ねいただければと思います。

 

トップへ戻る