歯根破折とレントゲン|大田区大森・池上駅で口コミで評判の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯根破折とレントゲン

投稿日:2017年12月4日

カテゴリ:院長ブログ

歯根破折をしているかどうかをレントゲンなどで確認してほしいという患者さんが来られました。

歯根破折はレントゲンで写ることもありますが、そうでない場合が多いです。

水平に破折していたならばすぐに(すぐでないときも多いですが)わかりますが、垂直に割れているとほとんど写ることはありません。

デンタルCTというものがありこれで局所的に写せば大体はわかるようですが、まず保険適応でないことと、残念ながら当院にはその設備がありません。

早速レントゲンは取りましたが、やはり残念ながら破折線は確認できませんでした。

しかしながらお口の中を拝見すると確かに歯が(差し歯が)そこそこ動きます。

患者さんとしてはもし抜歯になるならば、どういう治療方法があるかを知りたいことと、本当に割れているのかをどうしても外さない状態で知りたいという事のようでした。

ですからその旨をしっかりと説明させていただいてもらって、外さない限りはわからないので、外す決心と外した後の治療方法の決断ができてから来ればいいという事をお話ししました。

患者さんのご希望は大変よくわかるのですが、我々もなかなか検査だけではわからないことも多くて、なかなか患者さんに寄り添うことが出来ず、残念な症例でした。

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る