歯牙破折のケース|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

歯牙破折のケース

投稿日:2018年2月5日

カテゴリ:院長ブログ

歯が破折したケースです。

欠けたという表現を使うこともありますが、破折は大きく欠けたときの表現です。

従って欠けたなら詰めたりすればいいと考えますが、破折となると最低神経の処置もしくは最悪抜歯を考えなくてはなりません。

先日来られた方は歯がぐらついて金属が引っかかるという事でした。

拝見しますと頬の側の歯が一部ですがぐらついており、金属は他方のしっかりとした歯とくっついているために、その辺縁が鋭利となって舌に引っかかって痛いという状態でした。

こういう場合破折がどれだけ深部に及んでいるかで勝負がつきます。

もし歯肉の位置よりわずか(2~3mm以内)ならばかろうじて抜歯は免れますが、それ以上だと抜歯となります。

患者さんにはその点を十分にご理解していただいた上で着手するか何らかの応急処置で済ませるかが変わってきます。

今回のケースは不幸にも深く、というか根っこの先まで破折しており、半分抜歯したような状態でした。

来週より海外旅行という事で、歯を全部抜くことはせず、一部だけ抜歯をして、少しでも旅行への被害を少なくと考えました。

原因は歯ぎしりか食いしばりと思われます。

またこの歯の神経は生きており、私もかなり多くの患者さんを毎日拝見しておりますが、神経が生きていて破折を引き起こすケースは年に数例しかありません。

とりあえず十分にご理解を頂いた上での処置が毎度必要であるという事を再認識させられたケースです。

トップへ戻る