新しい義歯を作った方がいいか?|大田区大森・池上駅で口コミNo.1の歯医者|梅本歯科医院

かかりつけ歯科医機能強化型診療所

東京都歯科医師会会員

大田区大森歯科医師会会員

梅本歯科

バスで大森駅5分/池上駅5分/蒲田駅15分

大森地区在住の方の2人に1人が通った歯科医院

お問い合わせ・ご相談

月水金:21時まで!大田区無料歯科健診対応

0120-648-000

東京都大田区中央4-34-2【大森駅バス5分】

新しい義歯を作った方がいいか?

投稿日:2018年2月6日

カテゴリ:院長ブログ

義歯を作ることになった患者さんが言いました。

「先生、上の入れ歯を作ってもらうんだけど下も一緒に作ってくれない?」

この考え方は一見正しいように思いますが、実はそうでもありません。

簡単な話ですが何かの治療行為をするためには何かの理由があるわけです。

すなわちこの患者さんの場合は上の入れ歯が繰り返し破折するので、いい加減新しい入れ歯を作りたい、という事で上の入れ歯を作ることになりました。

ではなぜ下の入れ歯作りたいと思ったか。

それは患者さんとしてはどうせ作るなら「ペア」の方がいいのではないか。

その方がうまく噛み合わせが行くのではないか、と考えたとのことです。基本的には間違いです。

入れ歯は長年使っていてもそれがご本人様にとって問題が無いのならば作る必要など皆無。

とにかく理由なく新しい入れ歯を作るのはやめた方がいいです。

費用も時間もまた慣れるまでの手間もかかり、せっかく合っている入れ歯をもう一つ作っても何の意味もありません。

また入れ歯を今日はこっち、明日はこっちと代わりばんこに使う事も良くありません。

せっかく作った入れ歯です。

問題が無ければ長くお使いください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る